森林とのかかわりのお話し

ライフスタイルの欧米化が進む中、日本の住宅はそれでも木造住宅が中心です。地球温暖化が世界的な問題となっている今、森林を伐採し木材として利用することが、本当に自然環境に悪いことなのかもう一度考えてみたいと思います。

1.森林伐採と植林についてのお話し

国産材の需要の低下から木の伐採量が減ってきました。すると森は人間の手が加えられなくなり荒れ放題になっていきます。こうした状況が自然災害を引き起こす原因にもなっているのです。

  • 「木材利用」=「森林伐採」=「環境破壊」?
  • 森林の役割について
  • 間伐の必要性について
  • 森林の有効利用のサイクル

2.地球温暖化についてのお話し

地球温暖化はもはや世界的な問題となっています。わたしたち一人ひとりが身近なエコを心がけるのも大切ですが、木を効果的に利用することにより、二酸化炭素の削減ができることもあるのです。

  • 地球温暖化の仕組みを知ろう
  • 地球温暖化の影響
  • 地球温暖化防止に貢献する森林
  • 木造住宅は都会の森林

3.こころとからだにやさしい木の住まいのお話し

日本では古来より木造住宅に住んできました。このことは、日本人が持つ繊細な感性と無縁ではありません。互換で感じることの出来る木の良さが世界に誇る独特な文化を築き上げてきた一因でもあるのです。

  • 夏涼しく、冬暖かく
  • 湿気を吸ったり、はいたり
  • いつも清潔な室内環境
  • 目にやさしい
  • 音をまろやかにするはたらき
  • 心が落ち着き安心する効果

4.木造住宅で使われる木のお話し

木造住宅には様々な種類の木がその用途に併せて使われています。また地域によっても使われる木材の種類が違ってきます。ここでは、木造住宅で利用される代表的な国産材・輸入材を中心にその特徴についてご説明いたします。

  • ひのき(桧)
  • ヒバ
  • その他の木材

このページの先頭へ