4. 住宅性能保証制度のお話し

マイカーを買う時には、パンフレットなどで、買いたい車の性能をチェックし、他の車と比較しますよね。住宅の性能も同じこと。地震への強さ、火災に対する安全性など住宅の性能を数値でわかりやすく評価する仕組みです。

住宅性能表示制度ついて

住宅性能表示制度は、平成12年4月1日に施行された【住宅の品質確保の促進等に関する法律】(品確法)の三本柱のひとつです。

品確法三本柱のイメージ

住宅性能表示制度は住宅の性能を表示するための共通のルールを定め、住宅の性能評価を客観的におこなう第三者機関(登録住宅性能評価機関)が評価をおこない、その結果を住宅性能評価書として交付します。 ただし、住宅性能表示制度は義務付けではなく任意の制度ですが年々制度の利用も増えています。

住宅性能表示のイメージ

住宅性能表示制度のメリット

  • 性能評価をおこなった住宅であれば、同じ基準で評価されていますので、それぞれの性能を比較して購入することができます。
  • 新築住宅を建設する場合、性能表示制度を利用すれば、建築業者に自分の希望のランクを伝えることにより共通の認識をもつことになり、トラブルの防止にも繋がります。
  • 登録住宅性能評価機関の専門家が工事段階と完成段階の2段階のチェックを行いますから、住宅に対する信頼が増します

住宅性能表示制度の流れ

住宅性能表示制度の流れ

10項目の住まいの評価

住宅性能評価の等級は、あくまで住宅の性能の高さを示すものであって、すべての等級を最上級にすれば「住み良い家」ができるものではありません。例えば耐震等級1でも、関東大震災クラスの地震を想定した建築基準法を満たしていますが、さらに等級を挙げると、間仕切り等が増えたりすることにより、結果的に住みにくくなることも考えられます。間取りやデザイン、ライフスタイル、コストなど総合的な判断で、項目別に必要なレベルにしていけばよいのです。

構造の安定
  • 地震などが起きた時の倒壊のしにくさや損傷の受けにくさを評価します。 等級が高いほど地震などに対して強いことを意味します。
  • このほかにも、強風や大雪に対する強さに関する評価や、免震住宅であることの表示するものもあります。
構造の安定
火災時の安全
  • 住宅の中で火事が起きたときに、安全に避難できるための、燃え広がりにくさや避難のしやすさ、隣の住宅が火事のときの延焼のしにくさなどを評価します。
火災時の安全
劣化の軽減
  • 丈夫で長持ちする住まいのために、劣化対策がどのくらい手厚くされているのかを示したのが「劣化の軽減」
    防腐・防蟻・防錆処理などの工夫レベルがわかります。
劣化の軽減
維持管理への配慮
  • 水道管やガス管、排水管といった配管類は一般的に構造躯体の修繕などを実施するよりも早く補修を行う必要があります。
  • そこで配管の点検や清掃のしやすさ、万一故障した場合の補修のしやすさなどを評価します。等級が高いほど配管の清掃や補修がしやすいことを意味します。
維持管理への配慮
温熱環境
  • 暖房や冷房を効率的に行うために、壁や窓の断熱などがどの程度されているかを評価します。等級が高いほど省エネルギー性に優れていることを意味します。
温熱環境
空気環境
  • 空気中のホルムアルデヒド等の化学物質の濃度などを測定します。
  • また、住宅の中で健康に暮らすためには適切な換気が必要なので、どのような換気設備が整えられているかについても評価します。
  • 住戸における飛散のおそれのある吹き付け石綿、吹き付けロックウールの有無を表示します。
  • 空気中の石綿の粉じん濃度などを測定します。
空気環境
光・視環境に関すること
  • 東西南北及び上方の5方向について、窓がどのくらいの大きさで設けられているのかを評価します。
光・視環境に関すること
音環境
  • 外部の騒音を防ぎ、中の騒音を漏らさない工夫がされているかを評価するのが「音環境」。
    (この評価項目はオプションです)
音環境
高齢者等への配慮
  • 高齢者や障害者が暮らしやすいよう、出入り口の段差をなくしたり、階段の勾配を緩くしたりというような配慮がどの程度されているかを評価します。
高齢者等への配慮
防犯に関すること
  • 外部開口部(ドアや窓など)について、防犯上有効な建物部品や雨戸等が設置されているかの侵入対策が講じられているかをチェックします。
防犯に関すること

万が一トラブルが発生したら

住宅性能表示制度を活用した住宅については、万一トラブルが発生した場合、指定住宅紛争機関に申請することによって紛争処理を迅速かつ適正に進めることができます。裁判で争うより簡略に、かつ費用をあまりかけずに利用できるようになりました。

トラブル発生時の申請の流れ

このページの先頭へ