3. 建築工務店とハウスメーカー

マイホームのおおよそのイメージが固まったら、いよいよ誰に建ててもらうのかが問題になります。昔でしたら家を建てるのは大工さんの仕事でしたが、今では大手ハウスメーカーから中小の地域ビルダー、工務店と様々です。ここではそれぞれの特徴を見ていきます。

地域工務店の力

1.地域密着

ひと口に工務店と言っても、その規模や形態はさまざまですが、基本的には設計・施工からアフターサービスまでその工務店で一貫して行うところがほとんどです。そのため、社長が窓口であったり、担当者の変更が少なく、コミュニケーションが取りやすいというメリットもあります。 また、地域密着ですから、入居後のフォローや修繕などにもきめ細かく対応してもらえて、何かと頼りになります。

新築からリフォーム、営繕工事まで住まいのことなら何でもご相談下さい。


2.自由設計

使う建材や設備などを決めて商品化しているところは少なく、家づくりは自由設計で進められるのが一般的です。ですから家族みんなのリクエストにも柔軟に対応してくれるのはもちろん、その敷地の条件や周辺の環境に合わせた家づくりが可能です。 その地域の気候風土や交通事情など、地元を知り尽くした工務店ならではのきめ細かな提案ができます。

ご家族のご要望をお聞かせ下さい。
皆さんと一緒に住まい作りをしていきます。


3.予算にあわせた家づくり

工務店の家づくりでは使用する部材などが決められていないことが多いため、部屋ごとに使用する部材のランクを変えてめりはりを効かせることもできます。自由設計だから、コスト調整の自由度も高いというわけです。また、その工務店で安く提供できる部材を使えば、さらにコストを抑えることができます。こちらの予算をキッチリと伝え、予算にあわせた快適な家づくりを。

限られた予算の中で、最適な住まい作りのご提案をいたします。


4.オリジナリティあふれた家づくり

少人数で運営されていることの多い工務店は、個性的な会社が多いのも特徴。社長のアイデアがデザインや性能に反映されやすく、注文住宅ならではのオリジナリティあふれる家づくりが期待できます。 工務店選びは、地元での経験や実績、近所での評判のほか、ホームページなどで、その会社の得意な工法やデザインの傾向などもチェック。近所の施工例をみせてもらうか、現場見学会などに行くのもよいでしょう。

現場見学会に足をお運びいただき、是非当社の家づくりをご覧になってください。


ハウスメーカーの力

1.ハウスメーカーとは

ハウスメーカーとは、規格住宅・工業化住宅を販売する会社です。規格住宅・工業化住宅とは、あらかじめ住宅の工法や素材、サイズなどの基本仕様を決めて行政から認可を受け、その規格の範囲内で作る住宅のことを言います。 規格化によって、一棟一棟の住宅の許可を簡略化でき、またあらかじめ部材を大量に仕入れ・前加工することが可能なため、大幅なコストダウンを図ることができます。

大手ハウスメーカーだからこその、安心と信頼感。品質にも自信あり。


2.ハウスメーカーの特徴

ただし、ハウスメーカーは数を売ることが事業構造的に最も重要なことであるため、一般の工務店やビルダーに比べて広告費や展示場の建設・維持費、営業マンの人件費などに多額の経費を投入します。 公表されている資料によりますと、実際の工事費は価格の58%に過ぎませんが、営業経費が30%ほど上乗せれているといわれています。 また、ハウスメーカーのコストは、規格内でおさまる住宅は安く建てることができますが、規格を外れれば外れるほど急上昇することが一番の特徴といえます。

住宅展示場にお越し下さい。
当社の住まいをご体感下さい。


3.ハウスメーカーの自由度

ハウスメーカーは規格住宅という前提ですので、設計の自由度は低いものになります。オプションや色の選択肢を増やしたり、仕様の幅を持たせることによって設計の自由度を上げている商品もありますが、規格住宅である以上、完全な自由設計にはなりえません。

当社独自の保証も大手ハウスメーカーの自慢。
アフターメンテも万全です。


パワービルダーの台頭

1.パワービルダー

パワービルダーの明確な定義はありませんが、一般には住宅一次取得者層をターゲットにした床面積30坪程度の土地付き一戸建住宅を2,000〜4,000万円程度の価格で分譲する建売住宅業者を指しています。パワービルダーという呼ばれ方がなされるようになったのは、2000年頃からです。首都圏で分譲戸建て住宅事業を行う業者は、数千社以上もあり、そのほとんどは年間数十戸程度の中小業者でありましたが、パワービルダー大手5社の首都圏における分譲戸建て住宅市場における販売シェアは、1998年に10%から、2003年には24%にもなり、そのパワーが注目されるようにな りました。
しかもパワービルダーが牽引者となって、この間の分譲戸建て住宅の着工戸数も急増しています。1998年から2002年までは、ほぼ12万戸であったのが、2004年には14万戸にもなっています。この間、注文戸建て住宅の着工戸数は減少してきているので、それだけにパワービルダーの戸数増大がひときわ目立っています。

2.地域ビルダーと工務店

工務店とビルダーの違いを一言であらわすのはとても難しいことです。というのも工務店を英語に訳す時は、ビルダーという言葉を使わざるをえないからです。しかし家をつくろうとする人は、工務店に頼んだとは言いますが、決してビルダーに頼んだと言う人はまずいません。ビルダーという言葉は、業界用語であって一般用語ではないと言えます。そこで業界ではどのような建築業者を工務店と呼び、またどのような建築業者をビルダーと呼んでいるか、集約数の意見としてまとめてみます。

工務店とビルダーの対比表
  工務店 ビルダー
主な工法 在来軸組木造住宅 ツーバイフォーや軸組+パネル工法
出身 大工や木造住宅建築業 不動産業や建設業、他産業から参入したところが多い
規模 概ね30棟以下 300棟以上
営業手法 紹介受注、社長のトップセールス 営業スタッフ、モデルハウス
経営思考 売上高拡大、利益追求 無理な拡大は望まない
営業エリア 地域密着 需要が期待できる場所ならば、迷わず進出
広告宣伝 口コミ、周辺情報誌 ラジオCM、テレビCM
建てる住宅 作品 量産を前提にした商品

ローコスト住宅

1.ローコスト住宅とは

ローコスト住宅とは、住宅を建設する際に、あらゆる工程で無駄を省き、通常より20%〜30%又それ以上に安価に家を建てることをいいます。
規格型住宅など、プランニングや価格、仕様まですべてパックになっている商品に多く見られます。材料は、大量生産された均一で安定したものを使い、最も効率的な工法で建設することで、コストを抑えています。

2.コストダウンの方法

  • 間取によるコストダウン

    間取りはシンプルであるほどローコストになります。いわゆる規格型の場合、平面的には凹凸がなく、総2階(1階と2階の延床面積が同じ構造の建て方)なら一部総2階建てより約10%程度も安くできると言われています。総2階は外観に変化が少ないというデメリットがありますが、小さな敷地面積で広い床面積にすることが可能ですし、耐震構造も比較的安全性が向上します。

  • 部材によるコストダウン

    大切な我が家は安かろう悪かろうというわけにはいきません。そこで、品質を落とさないで良いものを、ということから考えられたのが、種類を統一し工場で大量生産された規格品を使う方法です。同じ材料なら無駄になる心配もないため、安価に抑えることが可能です。

  • 規格型によるコストダウン

    間取りがシンプルであれば設計作業にかかるコストを抑えることができます。また、規格住宅は決められたプランの中から選ぶので、自由設計のような労力や時間もかからないため設計費も省略でき、コストダウンに繋がります。デメリットとしては世界にひとつだけの自分の家が造れないことです。

  • 施工段階によるコストダウン

    日本の住宅建設コストの3分の2は作業工賃と言われています。そのため施工に携わる人手と時間を大幅に短縮した方法が考えだされています。工場内でほとんどを生産してしまうユニット規格型住宅や、建物の外枠だけ規格化して直接現場に届けられる方法など、合理化によりコストを抑えています。


工務店・ビルダー・大手ハウスメーカーの比較
工務店 ビルダー 大手ハウスメーカー
価格 安い 坪25万8千円〜 割高
自由度 高い 低い あまり高くない
(規格外は割高)
デザイン 多少劣る 画一化 商品開発に力を入れる
品質 責任施工 向上 品質管理が行き届く
保証 法律の最低限の保証 自社の独自保証あり 自社の独自保証あり
ローンの組みやすさ 工務店からの金融機関紹介 提携ローン 提携ローン
ローン専門子会社あり
工期 3〜4ヶ月 60日 40日〜2ヶ月半
展示場 なし ある 大規模

このページの先頭へ