家づくりの基礎的なお話し

家を建築・購入する際には、事前の計画・勉強が大切です。土地から購入する場合、どのような土地を選べば良いのか、またどのような工法で、誰に家をたててもらうのか、そのた建築に関する法律など事前に知っておかなければならないことがたくさんあります。

1.マイホームづくりの考え方

マイホームを建築・購入しようと決めたら、どこに建てるのか、どのような家を作りたいのかを考える必要があります。ここでは土地選び、住まい作りの基本的な考え方を中心にお話いたします。

  • 将来像描きは土地選びから
  • 北側道路の土地と南側道路の土地
  • 家づくり前の心構え

2.様々な住宅の工法

スケジュールが決まったら今度は、どんな工法で家をたてどのような間取りにしようか考えます。在来工法と呼ばれる木造住宅をはじめ工法も様々な種類があります。ここではそんな工法について取り上げ、その特徴を比較してみたいと思います。

  • 木造軸組み工法(在来工法)
  • 2×4(ツーバイフォー)工法
  • プレハブ工法
  • 重量鉄骨工法
  • RC工法(鉄筋コンクリート)

3.建築工務店とハウスメーカー

マイホームのおおよそのイメージが固まったら、いよいよ誰に建ててもらうのかが問題になります。昔でしたら家を建てるのは大工さんの仕事でしたが、今では大手ハウスメーカーから中小の地域ビルダー、工務店と様々です。ここではそれぞれの特徴を見ていきます。

  • 地域工務店の力
  • ハウスメーカーの力
  • パワービルダーの台頭
  • ローコスト住宅

4.住宅に関連する法律の基礎

住まいは土地さえあれば、どこに建ててもいいというものではありません。建てる場所によっては様々な規制が存在します。ここでは、住宅に関する様々な法律を通して、住宅に関する周辺知識をまとめてみます。

  • 建築基準法ってなに?
  • 土地いっぱいに住宅は建てられるの?
  • 「隣の庭からはみ出した枝に生っている柿は誰のもの?」
  • 徒歩10分は何メートル?

このページの先頭へ