長期優良住宅は家を建てた人が、
次に住みたい人にバトンタッチしていける“長寿命な住まい”のことです。
住まいを次世代にバトンタッチしてゆくことで、
地球にやさしい暮らし+次の子育て世代の住宅取得の軽減+高齢化社会における豊かな暮らし
を実現する。これが「長期優良住宅」という考え方なのです。

優良住宅とは

長期優良住宅とは、一定以上の性能を保ち、長期に渡って住み続けることができる住宅を「長期優良住宅」と行政庁に認定されたものです。
良質な住宅を大切に使うことによって、環境への負担を軽減するとともに、建替えコストの削減によって、住宅負担の軽減を図り、より豊かで、より優しい暮らしへの転換を図ることを目的としています。
認定にあたっては、行政庁より基準や申請手続きが詳細に決められており、認定を取得した住宅は、さまざまな税制優遇が適用されます。

長期優良住宅の普及の促進に関する法律

「つくっては壊す」のフロー消費型社会から「いいものをつくって、きちんと手入れをして、長く大切に使う」というストック型社会の理念に基づいた住宅の普及促進のため、2009年6月4日「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」が施行されました。

長期優良住宅の4つの認定基準

● 長期使用構造等
長期優良住宅として求められる建物の性能に関する基準です。一部を除き品確法、性能表示制度の等級に対応しています。
  • 劣化対策
  • 耐震性
  • 維持管理・更新の容易性
  • 可変性
  • バリアフリー性
  • 省エネルギー制
● 居住環境
地域の良好な環境形成に配慮されており、街並みに調和されていることが求められます。
● 住戸面積
良好な居住水準を確保するために必要な規模が求められます。
● 維持保全管理

住宅履歴書の整備が必要です

住宅の長寿命化には、適切な点検、補修等の維持管理やリフォーム工事を継続的に行うことが必要です。そのため、認定を取得した住宅については、建築及び維持保全に関する記録を作成し、住宅履歴として保存する義務が生じます。具体的な例は認定基準のページで

住宅履歴書の流れ

長期優良住宅とは法施行の背景認定基準認定申請の手続き税制優遇

このページの先頭へ