先輩紹介

【一宮店 営業課】 北岡 昌敏

「新規開拓は自分を成長させる絶好の機会」
多くの人との出会いがある営業という仕事は自分にとってうってつけの仕事だと思います。
得意先の新規開拓は緊張する反面、何回も訪問を重ね、見積や受注をいただけたときの喜びは大変大きなものがあります。既存のお客様を大切にしながらも、新たな顧客の創造、これも営業マンの大切な仕事です。また日頃からお客様との話題に事欠かないように、インターネットや情報誌などを通じて様々な情報を取り入れるように心掛けています。
時々失敗をして上司に怒られることもありますが、今は営業という仕事を楽しんでいます。

【一宮店 営業課】 花井 俊二

「大変だけど楽しい仕事です!」
営業3年目です。仕事内容としては、工務店様との商談・営業のほか、見積や受発注もこなします。また、新規開拓にも力を入れて取り組んでいます。
営業の仕事をするにあたり、気を付けている点は、常に新しい情報にアンテナを張り知識を高める努力をすること、お客様の視点に立って気配りと配慮を忘れないようにすること、コミュニケーションを密にすることです。コミュニケーションの取りづらいお客様にお会いした時や、扱う商品が多いため豊富な商品知識が求められることなど苦労も多いですが、提案した商品が売れたとき・売上がアップしたときは営業の仕事のおもしろさややりがいを実感します。
トラブルの際などは決断力・早急な解決策の判断が必要になりますので、受け身ではなく積極的に仕事に取り組む姿勢が必要になります。厳しい・つらいと感じることもありますが、その分達成感と充実感も多い仕事です。 営業の仕事は商品だけでなく、自分自身を売り込む仕事だと思います。
仕事を通じてこれからもどんどん成長していければと思っています。

【大府店】 山下 妹夕(まゆ)

「毎日が勉強です」
入社5年目、大府店の配属です。主な担当は木造住宅の構造CAD入力ですが、その他総務の仕事など幅広く携わっています。仕事の効率化と納期の短縮を意識しながら正確な図面を作成することを目標としながら日々の業務にあたっています。また、営業から出てくる様々な要望にできる限り応えること、疑問点はすぐに解決するという努力をしています。向上心を持って自分から行動することが自分自身の成長につながると思っているので。
仕事をする中で楽しいと感じるのは、1つとして同じ家はないので、新しい物件が出てくる度に新鮮な気持ちで取り組めることです。作業そのものに大きな違いはないかもしれませんが、気持ちの上で切り替えができ、「よしやるぞ!」と気合が入ります。お客様との打ち合わせの中でイメージを伝えるのに苦労したり、難しい物件にあたったり壁にぶつかることもありますが、無事上棟を迎え、図面上で作成したものが実際形になった現場を見ると、すごく感動します。
入社5年目に入り業務にはだいぶ慣れましたが、まだまだ毎日が勉強です。今後も向上心を持って取り組み、木造住宅のプロを目指します!

【一宮店 企画部】 小野 典子

「色々な経験を積み重ねたい」
入社6年目です。入社後数年は構造CAD入力を担当していましたが、現在は企画部としてイベントの企画やHP・新聞作成などの仕事を担当しています。
企画部に配属されてまだ日が浅いため、日々格闘!といった感じです。もともと文章を作ったり、デザインを考えることにすごく苦手意識があるので。入社当初の仕事とは全く分野が違い、多少戸惑いを感じましたが、新しいことを覚えるというのは自分の視野が広がり非常に新鮮です。
仕事は本当に自由にやらせてもらっています。もちろん、都度アドバイスをもらったり相談したりすることはありますが、自分のペースで作業を進めることができます。ただ、責任感を持って取り組んでいます。仕事が他人事になってしまうと、いつまでたってもお客様に新しい情報を発信することができないので。まだまだ勉強することが山積みですが、今後は住宅ローンの勉強や資格の取得も目指したいと思っています。
何事もとりあえず挑戦してみる。最初からできないのは当たり前!ポジティブに、力まずに、仕事をやっていければと思っています。

このページの先頭へ