ナカモクプレカット 構造材-羽柄材

構造材から羽柄材までトータルに加工

最新のコンピューター技術による加工と職人技を融合させ、高精度・高強度な品質を確保。
大黒柱・丸太・大きいサイズなど、あらゆるご要望に柔軟に対応しております。
また、西部港羽柄プレカット工場では羽柄加工機・パネル加工機を導入。構造材から羽柄材まで、承認、発注より14日にて納入。
従来の建築工期を大幅に短縮すると共に、熟練工不足・人手不足の問題を解消いたします。

プレカットとは?

木造建築物は大工さんが木材への墨付・加工を手作業で行ってきました。
この作業を機械に置き換えて行うことがプレカットです。

図面を渡して打ち合わせ ナカモクの豊富な知識と経験を活かし図面と見積書を作成 図面と見積書を基に最終仕様の決定 図面を基にマシーンによる高精度な加工 ユニック車でご指定場所まで納入 現場での加工が無いので効率的に組み上げられます

このページの先頭へ