リクルート

先輩インタビュー vol.4

平成28年入社 CAD 石川さつき・平成28年入社 管理部 佐藤大志

思い返したら一番良かったのもあって、それで決めました

インタビュー01

お二人は同期だとお聞きしました。

石川&佐藤:そうですね。まだ1年経っていないですね。この4月でようやく1年です。

では、中村木材に就職しようと思ったきっかけを聞かせてもらっていいですか?

石川:そうですね。もともとモノづくりの方に興味があって、マイナビで色々と探していた時にたまたま目について、説明会を受けたんです。その時の会社の方の雰囲気や人がいいなと思ったのが第一印象で、それから話が進んで入社しました。

モノづくりって幅広い職種の探し方ですね。

石川:もともと学部が環境デザインといって、インテリアとかそっちの方の学部だったんですけど、ゼミがプロダクト系でモノを作る方だったので、やっぱりモノづくりに興味があって。小さい時から木は好きだったので、たまたま中村木材を見つけたときに、その木材を扱っているということで興味を持ちました。

石川さんはCADの部署にいますが、CADはもともとやっていらしゃったんですか?

石川:学校で建築インテリア、アパレルも含まれた学部で、CADは本当に触った程度しかなかったんですけど、やらせてもらえました。

佐藤さんの中村木材を選んだきっかけをお聞かせ頂けますか?

佐藤:僕は就活をしている時に、条件というんですか、やっぱり家から通えて土日休めるところがいいなと思っていました。就職活動が一旦一区切りついたところで、内定をもらえたところを見てみたら一番最初に中村木材が内定を出していて、思い返したら一番良かったのもあって、それで決めました。

どういうところが良かったと感じましたか?

佐藤:説明会の時に若い先輩と話す機会っていうのがあって、そこでしゃべってみてやっぱり、なんていうんですかね、他の企業さんとかよりは親しみやすいって言ったらダメなんですけど、何かしゃべりやすいというか、溶け込めそうな雰囲気だなと思ったので、そこも大きかったですね。

佐藤さんは大学でどんな学部だったんですか?

佐藤:法学部だったんですけど、そんな在学中は法律の勉強とかも全然していなかったので(笑)他はサークルみたいな活動とか、旅行へ行ったりもしました。

入荷品の中から必要な商品がすっと探しだせると「今日はいけるな」と思っちゃいますね(笑)

インタビュー02

中村木材に入社するときに、部署の希望は出しましたか?

佐藤:営業職です。 やっぱり、やったらやった分だけ評価されるというイメージがあって、それが何かいいなと思って入りました。あと人と話するの好きですね。 今は研修というか下積み時代みたいな感じで、管理をやらせてもらっています。

佐藤さんの管理の部分のお仕事をもう少し具体的に教えてもらっていいですか?

佐藤:今僕がやっているのは、工務店さんに持って行くリストがあって、倉庫から材料を出して、配達するトラックに乗せるという仕事です。

なかなか責任ある仕事ですよね。

佐藤:そうなんですよね、結構ミスします。でも すごいフォローしてもらっていますね。一緒に配達に行くこともあるのですが、現場で木とかボードとかキズをつけないように担いでいくというのもすごく大変ですね。

あと知識的なもので、材料や木の名前や建築用語を覚えることも勉強中ですね。

覚えるために自分で何か工夫していますか?

佐藤:とりあえず倉庫の中にある商品を覚えようと思って、まず場所と物を一致させてここに置いてあるのはこれだな、という感じで僕は覚えました。 全部は全然覚えられていないですが。

この管理の仕事の面白さはどんなところですか?

佐藤:そうですね。入荷品の中から必要な商品がすっと探しだせると「今日はいけるな」と思っちゃいますね(笑)。あと、管理に配属されてからリフトの免許を取ったんですけど、全然まだ今でも上手く使えないんですけど、積み込みとかをたまにやらさせてもらって、スッて積めた時とかは、ちょっと上手くなったんじゃないかなあと思って嬉しいですね。

面白さはやっぱり次から次へと、ひとつ学んでもまた分からないことがどんどん出てくるところ

インタビュー03

石川さんに聞きます。CADをやってみていかがですか?

石川:まだまだこれからなんですけど。たくさん分からないことがあっても皆さん教えてくれるので、不安は少しあるんですけど、でも続けていけそうかなって思いますます。

CADのお仕事のことをもう少し詳しく教えてもらっていいですか?

石川:家の骨組って木で出来ているじゃないですか、その木一本一本、柱とか梁とかを加工するための図面というか、その図面を描いてそのままそれを工場に流したら加工できますよというのがCADなんで、結構特殊で一般のCADではないです。

石川さんが感じるCADの面白さは何だと思いますか?

石川:面白さですか。やっぱり次から次へと、ひとつ学んでもまた分からないことがどんどん出てくるところ。あとはデータで家を本当に作る状態にする仕事で、その作ったデータをパースで見れるんですよ、その実際の家の形が。それが上手にというか完成した時は、「やっと出来た!」みたいに達成感がありますね。いつかこの先どんどん、最終の屋根の板とかも入力できるようになっていくんですけど、それで一軒家を丸々建てられるのを楽しみに頑張っています。

色々な年齢層の方がいるってところがいいなと思いますね。

インタビュー04

中村木材の良さはどんなところだと思いますか?

石川:本当にそのまんま人の良さなんですけど、私しゃべるのが苦手なんですけど、皆さんしゃべってくれるので。

佐藤:そうですね、僕もやっぱり、色々な年齢層の方がいるってところがいいなと思いますね。若い先輩と仲良くしているのもすごい楽しいんですけど、ちょっと上の先輩にもめちゃめちゃ怒られるんですけど、それもないとダメかなと思いますね。

いま就職活動している学生さんに何かアドバイスを!

佐藤:やっぱり面倒くさがらずに動くことしかないですよね。大学生なら1年生から単位を取るべきだったなというのはすごい思いました。僕の場合、4年生の前期で週5とかで学校があったので、プラス就活となると、やっぱりすごい大変です。

石川:学校のキャリアセンターみたいなのがあるじゃないですか、ずっと行っていなかったんですけど、行かなかったから履歴書も面接に行かないうちに落ちることが本当に多くて。でもキャリアセンターに行ってみたら、そこから段々履歴書も引っかかるようになってきて、全然違ったので、そういう活用できるものは活用した方が絶対いいなって今になって思います。

あとは就職はよくご縁というじゃないですか、その意味が全然分からなかったんですけど、いざ就職をしてみたら、こういうことなんだなと思ったので、本当に直感というか、そういうのも大事にしたらどうかなと。

石川さんの一日

8:00 出社
8:20 朝礼
8:30 始業
CAD入力
12:00 昼食
13:00 午前中の作業の続き
CAD入力
15:00 休憩
15:15 CAD入力
17:30 終業・帰宅

佐藤さんの一日

7:30 出社
8:00 始業
配達・荷造り
12:00 昼食
13:00 午前中の作業の続き
配達・荷造り
16:00 清掃・明日の予定の確認等
17:00 終業・帰宅

毎月2回発行!
ナカモク NEWS

ナカモクNEWS

ナカモクNEWSはお客様に直接、手渡しでお渡ししています。購読をご希望の方は、お問い合わせフォームよりその旨をお伝え下さい。

一宮市を中心に東海三県(愛知県・岐阜県・三重県近郊)

対応エリア

一宮市を中心に東海三県(愛知県・岐阜県・三重県近郊)に対応しています。